全米で1500万人が感染、死者8千人超 過小評価されがちなインフルエンザの脅威

全米で1500万人が感染、死者8千人超 過小評価されがちなインフルエンザの脅威
出典:CNN – 全米で1500万人が感染、死者8千人超 過小評価されがちなインフルエンザの脅威

(CNN) 世界中で数千人の感染が確認された新型コロナウイルス。国境封鎖に乗り出した国もあり、米国ではマスクが品切れになるなどの騒ぎが広がっている。

だが、全米で1500万人が感染し、今シーズンだけで8200人以上の死者を出したウイルスがある。新型コロナウイルスではない。インフルエンザのウイルスだ。

  • 米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)によると、2019~20年にかけてのインフルエンザシーズンは、過去10年で最悪級の状況を予想。
  • これまでに少なくとも14万人が、インフルエンザによる合併症のために入院。
  • インフルエンザは今も猛威を振るっており、感染者数はさらに増える見通し。
  • インフルエンザは日常性が高いことから、危険性が過小評価されがち。
  • CDCによると、インフルエンザによる米国内の死者は、年間少なくとも1万2000人に上るという。

続きはCNNのサイトで

インフルエンザ菌感染症、肺炎球菌感染症 – 学校で予防すべき感染症シリーズ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう