<山梨県>RSウイルス感染症 流向早まる

RSウイルス感染症 流向早まる
呼吸器の感染症、RSウイルス感染症の患者数が例年より早く増加していて、県が注意を呼び掛けている。

Screenshot

日テレNEWS24

RSウイルス感染症 流向早まる

 RSウイルス感染症は幼い子どもがかかりやすく、乳児が感染すると肺炎や気管支炎など重症化する可能性もある。
 例年は11月に入って患者数が増えるが、今年は早くも今月上旬から増加した。
 県健康増進課によると県内の定点医療機関を受診した患者数は3週間前の10人から2週間前には33人に増加した。
 先週は17人と減ったものの過去5年間で最も多い状況となっている。

 感染予防の対策としては手洗いやアルコールによる消毒、マスクの着用などが有効で、県は「しっかり対策をとり大人から乳児への感染を防いでほしい」と呼び掛けている。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう