スクウェルがお薦めする「ウィルス不活化装置」V-VALIAのご紹介

この度、スクウェル事務局(株式会社インターテクスト)は、イオンクラスター技術によってウィルスを不活化、また浮遊カビ菌、ホルムアルデヒド、PM2.5の除去に有効で、空気を清潔に保つことに貢献する「ウィルス不活化装置」V-VALIAの販売を開始いたしました。

 これまでスクウェル事務局では、学校における子どものウェルネスを追求し、手洗い推奨をはじめ、感染症についての啓発情報の発信に努めてまいりました。その信頼基盤の上に、科学的なエビデンスを備えた優れた商品を、学校をはじめとしてそれらを必要とする施設にご提供したく存じます。

 新型コロナウィルスによる不安は、多くの学校、団体、企業や個人を苦しめています。スクウェル事務局ではこれらの方々の不安を少しでも取り除き、健康で安心な生活を送れるように、引き続き尽力してまいります。

 こんな方々のために



38度、幼児は30分で熱中症 運動量と活動場所を関連づけ評価

3歳児が気温38度で歩道を散歩すると、30分で熱中症に―。こうしたシミュレーション結果を名古屋工業大と東北大などの研究チームが29日までにまとめた。

Screenshot

西日本新聞

38度、幼児は30分で熱中症 運動量と活動場所を関連づけ評価

 運動量と活動場所を関連づけ、熱中症のリスクを評価する仕組みはこれまでなかった。名工大の平田晃正教授(医用工学)は予防のため「直感や経験によらず、具体的な指標を示さないといけない」と話している。
水分補給
”A4サイズのイラスト(ログインしてください。)”

 シミュレーションは、東北大のスーパーコンピューターを利用。プログラムに温度や湿度、活動場所などの条件を入力し、体温や発汗量を算出した。熱中症の目安は1度の体温上昇で、さらに体重の2%の発汗量で初期の脱水症状とされる。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう