<宮崎県>飲み物持ち込み禁止、日陰ほとんどなく…食フェスで熱中症6人搬送

宮崎市の大淀川河川敷で17日に開かれたイベント「食フェス『ふるまい!宮崎』」で、5か月から50歳代の6人が熱中症の症状で医療機関に搬送され、会場で42人が手当てを受けたことが市消防局への取材で分かった。

Screenshot

YomiDr – 読売新聞

飲み物持ち込み禁止、日陰ほとんどなく…食フェスで熱中症6人搬送

 主催者は「対策が不十分だった点もあり申し訳ない」と釈明している。
 九州の飲食店100店舗が10万食を提供、入場料(前売り券3500円、当日券4500円)で「食べ放題」としていた。飲み物は別料金で、持ち込みを禁止していた。
救急車
”A4サイズのイラスト(ログインしてください。)”

 主催した実行委員会によると、入り口での焼き肉の配布を行い、入場に時間がかかった。約9300人の来場に対し席は1000人分。日陰はほとんどなかった。対策として設けていた、水を霧状にして噴出する機械が十分に稼働しなかったという。
 この日の宮崎市の最高気温は35・2度だった。

Screenshot

【ふるまい!宮崎(Vol.1)】前代未聞の全品ふるまい食フェス。九州の美味を食べつくせ!!!!

「宮崎・ふるまい!」は、前代未聞!大盤振舞!驚愕の全品無ふるまいフェスです



この記事が気に入ったら
いいね!しよう