<大阪府>安全配慮で骨折件数大幅減少 大阪市で組体操調査

安全配慮で骨折件数大幅減少 大阪市で組体操調査
出典:教育新聞 – 安全配慮で骨折件数大幅減少 大阪市で組体操調査

  • 大阪市は、今年度に市内の市立小・中学校で行われた運動会・体育大会での組体操の実施状況と、組体操での骨折状況をまとめた。
  • 組体操を行った学校数、骨折の件数のどちらも、昨年度より減少した。特に、中学校での骨折は0件。
  • 運動会、体育大会でのタワー・ピラミッドの演技は、今年度から禁止。
  • 組体操を行った中学校は24校。練習、本番を通じて組体操による骨折は起こらなかった。
  • 昨年度の小学校では、サボテンで8件、倒立で7件、風車で5件、肩車で4件、その他18件で、合計42件の骨折が起こった。
  • この件数に比べると、小学校ではほぼ3分の1強に減り、中学校では昨年度11件からの0件なので激減。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう