ギンナン中毒に注意!幼児は10個程度で症状も

ギンナン中毒に注意!幼児は10個程度で症状も
出典:中日新聞 つなごう医療 – ギンナン中毒に注意!幼児は10個程度で症状も

  • 秋の味覚として親しまれているギンナン。しかし一度に大量に摂取すると、嘔吐(おうと)やけいれんなどの中毒症状を起こす可能性が。
  • 特に小さな子どもは10個程度でも起こす場合があり、注意が必要。
  • 三重県の女性は今月、2日間で100個ほどのギンナンを食べた後、気分が悪くなり目まいを感じた。
  • 脳内で神経伝達物質がうまく代謝できなくなり、けいれんや目まい、嘔吐などの神経症状。
  • 銀杏は、煮ても焼いても無毒化できない。
  • 過去10年間に寄せられた226件の6割を、5歳以下の子どもが占めた。このうち3割が嘔吐やけいれんなどを発症。
  • もし食べた後に意識がなくなったり、けいれんを起こしたりした場合は、救急車を呼ぶことを勧める。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう