<千葉県>習志野ソーセージ、お味は ご当地グルメが市立中給食に初登場

習志野ソーセージ、お味は ご当地グルメが市立中給食に初登場
出典:東京新聞 – 習志野ソーセージ、お味は ご当地グルメが市立中給食に初登場

  • 習志野市のご当地グルメ「習志野ソーセージ」が、市立第七中学校の給食に初めて登場。
  • 生徒たちはドイツ風のメニューとともに本場の味に親しんだ。
  • 第1次世界大戦中だった約100年前の大正時代、市内(当時の幕張町)の捕虜収容所にいたドイツ兵がソーセージの作り方を教えてくれた。
  • その製造技術が全国に伝わり、習志野が「伝承の地」と言われるようになったという。
  • 習志野ソーセージは地域の活性化と歴史を知ってもらうのを目的に、商議所が昨年4月からイベントへの出品などを通して普及活動を開始。
  • 市内では今月末までに市内の小中学校で提供。

習志野ソーセージ | 習志野商工会議所

習志野市にある商工会議所、習志野商工会議所です。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう