<千葉県>栄養教諭数、全国7位 「質・量確保」が食育推進のカギ


出典:産経ニュース –

  • 調査によると、千葉県の朝食を食べない県民の割合(「1週間に4、5日食べないことがある」と「ほとんど食べない」の合計)は、小学5年生が2・0%、中学2年生が4・5%となっている。
  • メディア接触による生活環境の夜型化のほか、核家族化や共働き世帯の増加などによる社会環境の変化が考えられる。
  • 朝食をとらない食生活の習慣化は、大人になって健康面に影響を及ぼす可能性もあることから、子供のうちから、朝食を含めて望ましい食習慣を身につける「食育」の重要性が高まっている。
  • 給食の献立を作成する学校栄養職員の配置数では、千葉県は全国2位。「千産千消デー」として地場産物を活用したメニューも提供されている。
  • 一方で食に関する教育を行う栄養教諭数は全国7位と、人口順位(6位)を下回りやや見劣りする。
  • 昨年12月に策定された「第3次千葉県食育推進計画」(29~33年度)では、「『ちばの恵み』を取り入れたバランスのよい食生活の実践による生涯健康で心豊かな人づくり」を基本目標としている。
  • 「栄養教諭等を中心とした食育の推進」や「早寝・早起き・朝ごはんを合言葉にした規則正しい生活習慣づくり」によって、朝食をとらない児童・生徒の割合を33年に0%とする目標を掲げたのが特だ。
  • 食育の推進には家庭における食生活の意識づけも重要だ。子供たちと地元の食材を使った郷土料理や行事食を楽しむとともに、一日のスタートである朝食の大切さを伝えていきたい。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう