スクウェルがお薦めする「ウィルス不活化装置」V-VALIAのご紹介

この度、スクウェル事務局(株式会社インターテクスト)は、イオンクラスター技術によってウィルスを不活化、また浮遊カビ菌、ホルムアルデヒド、PM2.5の除去に有効で、空気を清潔に保つことに貢献する「ウィルス不活化装置」V-VALIAの販売を開始いたしました。

 これまでスクウェル事務局では、学校における子どものウェルネスを追求し、手洗い推奨をはじめ、感染症についての啓発情報の発信に努めてまいりました。その信頼基盤の上に、科学的なエビデンスを備えた優れた商品を、学校をはじめとしてそれらを必要とする施設にご提供したく存じます。

 新型コロナウィルスによる不安は、多くの学校、団体、企業や個人を苦しめています。スクウェル事務局ではこれらの方々の不安を少しでも取り除き、健康で安心な生活を送れるように、引き続き尽力してまいります。

 こんな方々のために



歯の生え替わり期 受診を


出典:yomi Dr./ヨミドクター(読売新聞) – 歯の生え替わり期 受診を

  • 小学校入学前後から永久歯に生え替わり始める子どもの歯は、この時期に歯科を受診し、永久歯が育っているかどうか、確認する。
  • そして生え始めた永久歯がむし歯にならないよう、大人が仕上げ磨きを励行し、定期的な歯科受診を心がけたい。
  • 乳歯だけ生えているように見えても、あごの中で「歯胚」と呼ばれる永久歯の“芽”が育っている。
  • 大阪歯科大教授で小児歯科専門医の有田憲司さんは「小学校に入学する前後に歯科を受診して口元のエックス線検査を受け、永久歯の発育状況を確認してほしい」と話す。
  • 受診により、永久歯の数が生まれつき少ない「先天性欠如」や、あごの中で十分に育たずに生えてくる「形成不全」がわかる場合がある。
  • 原因は不明だが、どちらも子どもの10%前後にみられる。通常より歯の多い『過剰歯』のケースも。早期発見して対応すれば、自然な歯並びの育成や歯の治療につなげられる。
  • 生えたばかりの永久歯は未成熟で抵抗力が弱く、むし歯になりやすい。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう