<東京都>直接肌に貼るシート状電子回路開発 体調把握に応用期待

直接肌に貼るシート状電子回路開発 体調把握に応用期待
出典:NHK NEWS WEB – 直接肌に貼るシート状電子回路開発 体調把握に応用期待

  • ばんそうこうのように人の肌に直接貼れるシート状の電子回路を早稲田大学のグループが開発。
  • 高齢者やスポーツ選手などが体の調子を把握するために長時間にわたって身につけられるセンサーへの応用に期待。
  • 開発は、超高齢化社会に役立つ技術を研究している早稲田大学の岩田浩康教授らのグループ。
  • 1ミリの2500分の1という極めて薄い伸縮性のある樹脂製のシートを開発したうえで、電気を通す性質があるインクを使って、シート上に電子回路を印刷することに成功。
  • 電子回路を印刷したシートは、大きさ数ミリほどの電子部品を組み合わせることによって血圧や脈拍などを測れるセンサーとして活用。
  • シートは、接着剤を使わず、わずかな水だけで人の肌に直接貼ることができ、また、いったん肌に貼り付けば、風呂やプールに入っても簡単にははがれない。

基材が薄く柔らかい「皮膚貼付型エレクトロニクス」を開発 異分野若手研究者が結集

基材が薄く柔らかい!「皮膚貼付型エレクトロニクス」を開発 生体材料・メカトロニクス・MEMSの異分野若手研究者が結集 早稲田大学アクティヴ・エイジング研究所(*1)の研究グループは、高分子ナノシートの柔軟性と密着性を利用し、熱処理を用いない手法で電子素子を固定・通電させる封止技術…


この記事が気に入ったら
いいね!しよう