<佐賀県>車いすの子ども68人、大空へ 職員と操縦士、20年ぶり実現 熱気球体験

車いすの子ども68人、大空へ 職員と操縦士、20年ぶり実現 熱気球体験
出典:西日本新聞 – 車いすの子ども68人、大空へ 職員と操縦士、20年ぶり実現 熱気球体験

  • 1月26日、佐賀市の金立特別支援学校で20年ぶりに熱気球の搭乗体験会があった。
  • 希望した68人が車いすごと乗ったり抱きかかえられたりしてたくさんの笑顔が咲いた。
  • 職員の池田格(いたる)さん(32)とパイロットの水町大介さん(57)が同じ熱気球チームという縁で「子どもたちの願いをかなえよう」と安全第一で実現。
  • 熱気球のゴンドラは市から借りた特別品。車いすで乗降できる扉があり、低い位置からも景色を眺められる窓が付いている。
  • 子どもたちは交代で空の旅を満喫し、家族や職員と記念撮影も楽しんだ。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう