スクウェルがお薦めする「ウィルス不活化装置」V-VALIAのご紹介

この度、スクウェル事務局(株式会社インターテクスト)は、イオンクラスター技術によってウィルスを不活化、また浮遊カビ菌、ホルムアルデヒド、PM2.5の除去に有効で、空気を清潔に保つことに貢献する「ウィルス不活化装置」V-VALIAの販売を開始いたしました。

 これまでスクウェル事務局では、学校における子どものウェルネスを追求し、手洗い推奨をはじめ、感染症についての啓発情報の発信に努めてまいりました。その信頼基盤の上に、科学的なエビデンスを備えた優れた商品を、学校をはじめとしてそれらを必要とする施設にご提供したく存じます。

 新型コロナウィルスによる不安は、多くの学校、団体、企業や個人を苦しめています。スクウェル事務局ではこれらの方々の不安を少しでも取り除き、健康で安心な生活を送れるように、引き続き尽力してまいります。

 こんな方々のために



<佐賀県>佐賀の養鶏場、殺処分終了 鳥インフルで6万9千羽

佐賀の養鶏場、殺処分終了 鳥インフルで6万9千羽
出典:西日本新聞 – 佐賀の養鶏場、殺処分終了 鳥インフルで6万9千羽

  • 佐賀県江北町の養鶏場で4日に高病原性鳥インフルエンザウイルス感染が確認され、県は5日夜、この農家が飼育する鶏計約6万9千羽の殺処分を終えた。
  • 周辺農場への感染拡大は確認されていない。
  • 県は、処分した鶏や計約77万個の卵を埋却する作業などを続け、7日中に一連の防疫措置を完了させたい考え。
  • 感染の拡大を防ぐため、発生農家の半径10キロ圏や周辺に11カ所の消毒ポイントを設け、畜産に関わる車の消毒に当たった。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう