「月経の話」はタブーの日本 元五輪選手と産婦人科医が「女性と思春期」の今を考える

「月経の話」はタブーの日本 元五輪選手と産婦人科医が「女性と思春期」の今を考える
出典:THE ANSWER – 「月経の話」はタブーの日本 元五輪選手と産婦人科医が「女性と思春期」の今を考える

男子選手とは異なる悩みを抱える女子アスリートの体について考える「THE ANSWER」の連載「私とカラダ」。今回は元競泳日本代表で五輪に2度出場した伊藤華英さんが登場し、日本スポーツ協会公認スポーツドクターの産婦人科医・江夏亜希子氏(四季レディースクリニック院長)と対談。アスリートと医師という異なる立場から、月経との付き合い方、ピルの服用の是非など、競技に打ち込む女性に起こる体の問題について話してもらった。全3回にわたる第1回は「女子アスリートと月経の現状」。

  • 男子選手とは異なる悩みを抱える女子アスリートの体について考える「THE ANSWER」の連載「私とカラダ」。
  • アスリートと医師という異なる立場から、月経との付き合い方、ピルの服用の是非など、競技に打ち込む女性に起こる体の問題について話してもらった。
  • 世の中自体が月経の話をタブー視しすぎていて、その延長上にスポーツもある感じ。一気に動き始めたところで声を上げてくれる選手が出始めました。

続きはTHE ANSWERのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう