<兵庫県>小中学校の組み体操事故件数 兵庫が2年連続最多

小中学校の組み体操事故件数 兵庫が2年連続最多
出典:神戸新聞NEXT – 小中学校の組み体操事故件数 兵庫が2年連続最多

兵庫県内の小中学校で2015、16年度に起きた組み体操の事故件数が、2年連続で全国最多だったことが13日、大阪経済大の西山豊教授(数学)の調査で分かった。

  • 15年度は857件(うち骨折265件)、国や県が安全対策を強化した16年度もなお601件(同173件)に上った。
  • 児童生徒1万人に対する負傷率も47都道府県中、15年度が1位、16年度2位となっており、さらなる対策が求められている実態が浮き彫りになった。
  • 西山教授が、日本スポーツ振興センター(東京都)から、学校で児童生徒が負傷した場合に医療費が支払われる「災害共済給付」の件数データを得て算出。
  • 組み体操による事故は、15年度に全国で7702件(うち骨折2057件)あり、その約1割を兵庫県が占めた。

続きは神戸新聞NEXTのサイトで


この記事が気に入ったら
いいね!しよう