花粉症、医師が教える「ピタリと解消」する意外な方法

花粉症、医師が教える「ピタリと解消」する意外な方法
出典:ビジネスジャーナル – 花粉症、医師が教える「ピタリと解消」する意外な方法

花粉症発症のメカニズムは、花粉(タンパク質=抗原)が鼻粘膜や呼吸器を通して体内に侵入してくると、それをやっつけるために白血球が抗体をつくる。抗原と抗体が結びついた「抗原抗体結合物」が体内のマスト細胞などを刺激してヒスタミンを分泌させて、鼻水、くしゃみ、咳、流涙などのアレルギー反応を起こす、というのが西洋医学的な見解である。

  • 花粉を鼻粘膜や呼吸器から吸い込んでも、アレルギー反応を起こさない人もたくさんいらっしゃるのだから、花粉は“原因”ではなく“誘因”にすぎない。
  • 「アレルギー」の症状は、体内の余分な水分を体外へ排泄している状態。
  • つまり体内に水分が多い人の症状。
  • 「体を冷やす余分な水分は排泄しなければいけない。その様子がアレルギー反応である」ととらえることもできる。

続きはビジネスジャーナルのサイトで

アレルギー性鼻炎 – アレルギーシリーズ

アレルギー性結膜炎 – アレルギーシリーズ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう