インフルエンザ早い流行入り 合併症リスク…予防接種を

インフルエンザ早い流行入り 合併症リスク…予防接種を

出典:西日本新聞 – インフルエンザ早い流行入り 合併症リスク…予防接種を

今年はインフルエンザの流行が早い。全国的に例年より早い今月上旬に流行入りし、福岡県、佐賀県、宮崎県などは9月下旬に流行入りの目安を超える患者数が報告された。例年は全国的に12月に流行入りし、1月下旬~2月上旬にピークを迎えるが、専門家は「今年はピークも早まる恐れがある。なるべく早めに予防接種を受けてほしい」と呼び掛ける。

  • 厚生労働省によると、定点医療機関から4~10日までに報告された患者数は、九州では鹿児島が2・66人、長崎2・31人、福岡2・03人、熊本1・80人、佐賀1・33人、宮崎1・31人と、大分を除く6県で流行の目安となる1人を超えている。昨年同時期の4~66倍で、全国も1・03人と昨年同時期(0・35人)を大幅に上回る。
  • 福岡市西区のいなみつこどもクリニックでは例年、10月中旬から始める予防接種を10月1日に繰り上げた。稲光毅院長が早めの接種を勧めたこともあって、10月の接種者は例年の約2倍に上ったという。
  • 厚労省によると、今年のワクチン見込み供給量は過去6年間(2017年除く)の平均使用量(2598万本)より多く、ワクチン不足の恐れはない見通し。稲光院長は「年々流行入りが早まっている。高齢者施設などを中心に、早めに対策を取るに越したことはない」と話す。

続きは西日本新聞のサイトで

インフルエンザ菌感染症、肺炎球菌感染症 – 学校で予防すべき感染症シリーズ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう