<奈良県>部活で熱中症、中1死亡…30分ランニング後に倒れる

奈良県生駒市の市立 大瀬(おおぜ)中学校で16日、運動場でハンドボール部の練習中に1年生の男子生徒(12)が倒れ、17日未明、熱中症による腎不全で死亡した。同中が17日、記者会見を開いて明らかにした。

Screenshot

YomiDr – 読売新聞

部活で熱中症、中1死亡…30分ランニング後に倒れる

 会見した高島智春校長と顧問の教諭(55)によると、練習は16日午前8時半に開始。約30分間休憩なしのランニングをした後、男子生徒がふらつき始めたので、校舎の陰に座らせた。生徒はすぐに横たわり、問いかけに答えなくなったため、氷で体を冷やすなどの応急処置をして119番した。
 市消防本部によると、同市の16日午前9時現在の気温は29・9度だった。
 男子生徒は搬送先の病院で熱中症と診断され、一時は問いかけに返事をするまで回復したが、容体が悪化。別の病院に搬送された後、17日未明に死亡した。
救急搬送
”A4サイズのイラスト(ログインしてください。)”

 同部の練習は12、15日は休みで、男子生徒は13、14日は「家族と過ごす」と欠席したため、5日ぶりの練習だった。体調不良などの報告は受けていないという。
 同部では普段からランニングをしていたが、夏休みに入り、部員が暑さで練習中に体調不良を訴えることが4、5回あった。そのため、水分補給の間隔を、以前の20~30分から15~20分に短縮していたという。
 顧問教諭は会見で「25分ハーフの試合に耐えられる体を作ろうと考えた」と説明。高島校長は、19日まで全ての部活動を中止するとし、「熱中症対策を点検し直さなければならないと重く受け止めている」と話した。

 奈良県教委は5月、スポーツの練習などで熱中症に注意するよう通知を出していた。同市教委は17日、臨時校長会と臨時教育委員会を開き、注意喚起の徹底を指示。市教委は「新たな対応を協議する」としている。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう