<岡山県>岡山県がインフル警報解除 手洗い、うがい励行呼び掛け

インフルエンザが流行のピークを過ぎたとして、岡山県は7日、予防策の徹底を求める「インフルエンザ警報」を解除、注意報に切り替えた。沈静化にはもうしばらく期間を要するとみており、引き続きうがい、手洗いの励行を呼び掛けている。

Screenshot

山陽新聞

岡山県がインフル警報解除 手洗い、うがい励行呼び掛け

 県が7日にまとめた84医療機関1施設当たりの最新の平均患者数(3月28日~4月3日)は8・30人。前週が9・89人で、警報の解除基準の2週連続10人以下となった。警報は、平均患者数が33・88人と基準(30人)を超えた2月18日に発令。ピークは同29日~3月6日の週で37・19人だった。
予防がいちばん-インフルエンザ-手洗いイラスト
 県健康推進課は「予防策を講じるとともに、感染の疑いがある場合は早めに受診を」としている。



Schoowell(スクウェル)に無料会員登録しませんか?

どうしてなるの?「あせも・汗あれ」
Schoowellでは、健康に関するテーマを毎回設け、テーマに関する重要事項の解説、最新情報などイラストを使用し、わかりやすく解説しています。
Schoowellの登録会員様には、A4サイズのPDFでダウンロードすることもでき掲示板への掲載や生徒へ配布等ご使用できます。

皆様のご登録をお待ちしております。
Schoowell(スクウェル)事務局 一同

この記事が気に入ったら
いいね!しよう