RSウイルス感染症が拡大中!この感染症のワクチンはなぜないの?

RSウイルス感染症が拡大中!この感染症のワクチンはなぜないの?

  • RSウイルスは一度感染しても免疫が持続しにくい特徴がある。
  • 「不活化ワクチン」が開発されたが、重症化し、2人が死亡。
  • 予防するには生後数週以内にワクチンを投与する必要がある。
  • 注射ではなく経鼻接種しなければなりません。そうすると軽い鼻風邪を起こす。
  • 米国を中心に別のアプローチから開発が進められている。
  • 米国では10種類のRSVワクチンの臨床試験が行われている。
  • RSウイルス感染症が流行し始めたら人混みを避ける。

出典:毎日新聞 医療プレミア – RSウイルスのワクチンはなぜないの?

関東地方で増加の目立つ、RS感染症。重い肺炎や気管支炎なども引き起こしますので重症化する前に、病院や保健所等にまずは電話で相談することが大切です。

はインフルエンザと同じように何度でもかかる病気だ。その分、2回目、3回目は少しずつ軽くなっていき、年長児にもなれば感染しても普通の鼻風邪で終わるという。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう