餅つきのときはノロウイルスに注意! 手が触れる工程で感染多し 危険を知って予防対策徹底を

餅つきのときはノロウイルスに注意! 手が触れる工程で感染多し 危険を知って予防対策徹底を
出典:産経ニュース – 餅つきのときはノロウイルスに注意! 手が触れる工程で感染多し 危険を知って予防対策徹底を

  • 年末年始の恒例行事「餅つき」。日本の冬の風物詩だが、餅を介してノロウイルスによる感染性胃腸炎が広がることもある。
  • 流行が本格化する中、専門家は「手洗いなど予防対策を徹底して」と呼びかけ。
  • 千葉県船橋市の夏見台幼稚園・保育園の園庭で2日、恒例の餅つきが行われ、「厳重に感染症対策を講じた上で実施しています」と話す。
  • 同県木更津市郷土博物館「金のすず」は、23日に予定していた餅つきの中止を決めた。
  • 不特定多数の人に餅が提供される餅つきが原因でノロウイルスが広がる恐れがあることを知り、保健所に相談。
  • 都健康安全部食品監視課は「感染予防のため、作業前には全員が手洗いをしっかり行い、餅はお汁粉などにして加熱調理したうえで食べてほしい」と話す。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう