納豆菌で免疫細胞が活性化 インフルエンザ症状改善の可能性

納豆菌で免疫細胞が活性化 インフルエンザ症状改善の可能性
出典:産経ニュース – 納豆菌で免疫細胞が活性化 インフルエンザ症状改善の可能性

  • 納豆に含まれる納豆菌が免疫力を高め、感染症の予防に役立つことが科学的に分かりつつあるという。
  • 納豆のさまざまな健康への効能は、ビタミンK2を多く含んでいて、骨粗鬆(こつそしょう)症の予防を期待できる。
  • 血栓を溶かす作用があり脳梗塞や心筋梗塞の予防に役立つ「ナットウキナーゼ」という酵素も含まれることが、培養細胞による実験で実証済み。
  • 納豆菌入りの水で、マウスを使ったインフルエンザウイルス感染実験を実施。
  • 納豆菌の投与量が多いほど、肺内・気道内ともにウイルス量の減少率が上昇し、抗体量は増加した。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう