教諭7割超が週60時間労働 小中学校、他業種比で突出 連合総研調査

教諭7割超が週60時間労働 小中学校、他業種比で突出 連合総研調査
出典:西日本新聞 – 教諭7割超が週60時間労働 小中学校、他業種比で突出 連合総研調査

  • 働き過ぎの目安とされる週60時間以上働く教諭が小学校で72・9%、中学校で86・9%に上り、他の職種と比べて突出して長いことが25日、連合のシンクタンク「連合総研」の調査で分かった。
  • 調査は2015年12月実施。公立小中学校の教諭4500人にアンケートを行い、約3千人が回答。
  • 労働時間が「50時間未満」はおらず「50時間以上60時間未満」が小学校27・1%、中学校13・1%。
  • 1日の平均在校時間は、小学校11時間33分、中学校12時間12分。
  • 民間労働者が職場にいる平均時間9時間15分(連合総研07年調査)を大きく上回った。
  • 全体の半数以上が定められた労働時間数を知らないと回答。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう