心配な先生の「心の健康」 精神疾患で休職、5,000人超が続く


出典:産経ニュース – 心配な先生の「心の健康」 精神疾患で休職、5,000人超が続く

  • 教員のメンタルヘルスについて実態の一端を示す病気休職者のうち精神疾患を理由とする者の推移は減ったとはいえ184人に1人の割合。
  • 2015(平成27)年度の精神疾患による病気休職者は全国で5,009人となっており、3年連続で5,000人を超えました。
  • ピークだった2009(平成21)年度(休職者数5,458人、割合0.6%=168人に1人)に比べれば低いが、依然として深刻な課題であることは間違いありません。
  • 割合を学校種別で比べれば、小学校が0.55%、中学校が0.64%、高校が0.37%、特別支援学校が0.66%など、義務教育段階、とりわけ中学校で多いのが気になります。
  • 職種別では、校長が0.07%、教頭を含む「副校長等」が0.23%と管理職では低いのに対して、学級・教科担任など一般の「教諭等」は0.60%と高くなっています。
  • 病気休職一歩手前の「予備軍」が相当数いることは確実です。また、精神疾患以外を理由にした病気休職者の中にも、実はストレスによる体の不調が含まれている可能性も捨て切れません。
  • 産休などと違って、病気休職には、国からの代替補充がありません。学校に迷惑は掛けられないからと、無理をして出勤しているケースも少なくないと見られます。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう