「どうか子供たちが学校で死にませんように」猛暑の学校行事を心配する保護者たちの声

「どうか子供たちが学校で死にませんように」猛暑の学校行事を心配する保護者たちの声
出典:HUFFPOST – 「どうか子供たちが学校で死にませんように」猛暑の学校行事を心配する保護者たちの声

7月に入ってから日中の気温が各地で35度を超す猛暑が続き、学校の授業や行事で熱中症で倒れる子供たちが増えている。17日には愛知県豊田市で小学1年生が校外学習の後、熱中症で死亡した。これをきっかけに、学校で暑さ対策を見直したり、保護者に改めて方針を連絡したりする動きが広がっている。

  • ハフポスト日本版が18日、TwitterやFacebookで学校での暑さ対策に関する情報提供を呼びかけた。
  • 26人の保護者や学校関係者らから、学校の資料などとともに回答が寄せられた。
  • 全国の小中学校の教室エアコン設置率はまだ半数に満たない。ほぼ全校につけている東京都から、数%の愛知県まで、格差も激しい。
  • 回答を調べたところ、愛知県豊田市の死亡事故が報道された17日以降、それまで禁止だった飲み物の持ち込みを許可したり、校庭での遊びを禁じたり、行事を中止する学校が相次いでいた。
  • ただ、次のような学校に対しては保護者から疑問や不安の声が上がっている…

続きはHUFFPOSTのサイトで

熱中症の重症度と対処方法 – 熱中症シリーズ

暑さ指数 – 熱中症シリーズ

身体冷却法 – 熱中症シリーズ

皮膚の放熱メカニズム – 熱中症シリーズ

熱中症予防のガイドライン – 熱中症シリーズ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう