<秋田県>子どもネット依存 地域ぐるみの支援重要

子どもネット依存 地域ぐるみの支援重要
出典:秋田魁新報 – 子どもネット依存 地域ぐるみの支援重要

  • ネット依存の背景には、スマートフォンを使ったゲームや会員制交流サイト(SNS)の普及などがある。
  • 調査では「ネットの使用をやめようとすると落ち着かない」など8項目の質問に五つ以上当てはまる人を依存が強い「病的な使用」と判断した。
  • ネット依存は、成績低下や居眠り、遅刻など日常生活に支障を来す。
  • さらに暴力や引きこもり、うつ病などの合併症、脳の障害を引き起こす恐れもある。
  • 秋田県では13年度から、子どもの健全なネット利用やトラブルの未然防止を目指す「インターネットセーフティ推進事業」に取り組んでいる。
  • ネット利用の問題を学校任せにせず、地域全体で子どもを支えようというものだ。

続きは秋田魁新報のサイトで

ネット依存の中高生93万人、厚労省研究班が公表 学校欠席などの恐れ

<長野県>高校生の3割超 ネット依存を自覚

大学中退する人も…スマホに依存「ゲーム障害」とは ネットの遮断、かえって悪化も

<兵庫県>ネット依存脱却へ 児童生徒が人とつながるキャンプ

WHO 6月新疾病にゲーム依存追加の見通し 「最も重要な課題の一つだ」と指摘


この記事が気に入ったら
いいね!しよう