野生のキツネ「餌やり」原因で皮膚病発症か 危惧されていた病気感染が現実に

野生のキツネ「餌やり」原因で皮膚病発症か 危惧されていた病気感染が現実に
出典:河北新報 – 野生のキツネ「餌やり」原因で皮膚病発症か 危惧されていた病気感染が現実に

宮城県大和町吉田の県道で8~9月、「通行人から餌を与えられている」との目撃例が相次いだキツネが、激しいかゆみを伴う皮膚病の疥癬(かいせん)を発症したとみられることが分かった。

  • 危惧されていた病気への感染が現実に。
  • 地元関係者は野生動物への餌やりの弊害を強く訴える。
  • 感染の可能性を指摘するのは、宮城北部森林管理署の森林パトロール員。
  • 巡視中の28日正午ごろ、以前の目撃場所とほぼ同じ路上でキツネ1匹を発見した。
  • かゆみからなのか、しきりにコンクリートののり面に顔をこすり付けたり、しっぽをかじったりしていたという。

続きは河北新報のサイトで

エキノコックス症 – 寄生虫シリーズ

疥癬(かいせん) – 学校で予防すべき感染症シリーズ

疥癬-2


この記事が気に入ったら
いいね!しよう