<神奈川県>商店街の空き店舗で未病対策・5件採択

神奈川県は今年度、商店街の空き店舗を活用し、健康と病気の間の状態を指す「未病」を改善する取り組みを始める。県内の商店街から事業案を募集し、このほど5件を採択。空き店舗の改装費や健康関連器具の購入費などの一部を補助する。健康を切り口に商店街の活性化につなげたい考えだ。

Screenshot

日経新聞

商店街の空き店舗で未病対策・5件採択

 追浜東町商店会(横須賀市)は健康に配慮したメニューの提供や料理教室の開催などを計画。たまプラーザ駅前通り商店会(横浜市)は体組成計などを使って自身の健康状態を確かめるイベントや、食や睡眠など健康に関連するセミナーを開く拠点にする。
 久里浜商店会協同組合(横須賀市)は講習会などを開き、子育て世代のコミュニケーションの場とする。
セミナー
 県は各商店街に中小企業診断士や栄養士などの専門家を派遣し、効果的な健康管理の方法や拠点の運営などについて助言して取り組みを支援する。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう