<新潟県> 給食の味、家庭でも 直江津小の栄養教諭がレシピ作成

上越市直江津小学校の栄養教諭、椿香保里さん(29)が作っている家庭向けの給食レシピが同校の児童や保護者に好評だ。ポイントは家庭でもおいしく調理できるよう少人数用にアレンジした点で、栄養バランスの取れた給食を家庭でも味わい、より豊かな食生活につなげてほしいという椿さんの願いが込められている。

Screenshot

新潟日報

給食の味、家庭でも。直江津小の栄養教諭がレシピ作成

 食に関する授業支援などを担当する椿さんは昨年10月、給食の献立から毎週1品を選び、4人分の材料と調理法などを記したレシピを独自に作り始めた。レシピはA5判にまとめて校内に掲示するとともに、児童が自由に持ち帰れるようにしている。これまで車麩(ふ)の揚げ煮やひじきのつくだ煮など約20品を紹介した。
レシピ
 きっかけは校内の給食試食会に参加した保護者から「レシピを知りたい」と尋ねられたこと。核家族や共働き家庭が増え、夕食を外食などで済ませる児童が多くなったと感じていたこともあり、食への関心を高めてもらいたいとの思いでレシピ作りを始めた。
 しかし、椿さんによると、専用設備で大量に作ることを想定している給食のレシピをそのまま紹介しても、家庭ではなかなかおいしくできない。家庭の調理器具と専用設備の器具とでは蒸発する水分量などに違いが出るためだという。
 そこで椿さんは給食レシピを参考に自宅で4人分の試作をし、家庭での作り方や調味料の量などをあらためて調べ、レシピを作ることにした。手間はかかるが「おいしくなければ興味を持ってもらえない」からだ。

 学校には、保護者から「子どもが『おいしい』と言って食べてくれた」「(食費の)節約になるし、ヘルシーだし一石二鳥」など歓迎の声が寄せられている。
 椿さんはレシピをきっかけに親子で料理を楽しんでほしいと願っている。「栄養バランスの取れた食事を自分で作れる大人になって、心身共に豊かになってほしい」と話した。


Schoowell(スクウェル)に無料会員登録しませんか?

どうしてなるの?「あせも・汗あれ」
Schoowellでは、健康に関するテーマを毎回設け、テーマに関する重要事項の解説、最新情報などイラストを使用し、わかりやすく解説しています。
Schoowellの登録会員様には、A4サイズのPDFでダウンロードすることもでき掲示板への掲載や生徒へ配布等ご使用できます。

皆様のご登録をお待ちしております。
Schoowell(スクウェル)事務局 一同

この記事が気に入ったら
いいね!しよう