<熊本県>餅つきでノロ集団感染 南小国町の園児や家族ら52人

餅つきでノロ集団感染 南小国町の園児や家族ら52人
出典:くまにちコム – 餅つきでノロ集団感染 南小国町の園児や家族ら52人

  • 熊本県健康危機管理課は12日、南小国町の保育園(園児数26人)の餅つきで、ノロウイルスによる食中毒を発症したと発表。
  • 園児(26人)や家族ら0歳から89歳の男女52人が食後に下痢や嘔吐[おうと]などの症状を訴え。
  • 入院するなどの重症者はおらず、いずれも快方に向かっているという。
  • 餅つきは8日に開催。餅からノロウイルスは検出されなかった。
  • 発症者が共通して食べた物が他になく、持ち帰った餅を食べた家族も発症したことから、同課は餅が原因と判断。
  • 同保健所が職員5人の便を検査し、全員からノロウイルスを検出。計15人が医療機関を受診。
  • 同園は12日、衛生管理見直しのため休園。「楽しみに来られた園児や家族、近所の方々に申し訳ない。再発防止の徹底に努める」としている。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう