夏の車中 短時間で熱中症

夏の車中 短時間で熱中症
出典:YomiDr.(読売新聞) – 夏の車中 短時間で熱中症

暑い時期のドライブでは、熱中症に気を付けたい。乳幼児は体温を調節する器官が未熟なため、とくに注意が必要だ。専門家は、こまめに様子を見るよう呼びかけている。

  • まず注意したいのは、長く駐車していた車に乗る時。
  • 時間帯にもよるが、真夏の晴れた日には、車内の温度が50度を超すこともある。
  • 日本自動車連盟(JAF)が2012年8月に行った実験では、気温35度の晴れた日に、正午から午後4時まで炎天下に駐車しておいたところ、午後3時ごろには黒い車は車内の温度が57度、白い車でも52度まで上昇。
  • フロントガラスの内側に日よけ(サンシェード)を装着した場合、ダッシュボード付近は日陰になり温度の上昇を抑えられたが、室温はあまり変わらなかった。

続きはYomiDr.(読売新聞)のサイトで

熱中症の重症度と対処方法 – 熱中症シリーズ

暑さ指数 – 熱中症シリーズ

身体冷却法 – 熱中症シリーズ

皮膚の放熱メカニズム – 熱中症シリーズ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう