子どもを熱中症から守る…プールや海など、水の中でも用心を

子どもを熱中症から守る…プールや海など、水の中でも用心を
出典:YomiDr.(読売新聞) – 子どもを熱中症から守る…プールや海など、水の中でも用心を

日本各地で記録的な猛暑が続き、熱中症への注意が連日呼びかけられている。夏休みに入ると子どもが家で過ごす時間も増えるため、身近な大人が子どもの様子を十分見守る必要がある。専門家は「子どもは熱中症になりやすい。無理は禁物」と呼びかけている。

  • 乳幼児は代謝が盛んな一方、体温調節の能力が未発達で、体幹部の体温が大人より大きく上昇しやすく、熱中症になるリスクが高い。
  • 小学生でも体調の変化を言葉でうまく伝えられないこともある。様子の変化をよく確認したい。
  • 昭和大医学部教授の水野克己さん(小児科)は、「顔が赤く、汗をひどくかいている場合は、水分を補給しながら、水でぬらしたタオルで首のまわりを覆い、うちわで風を送って体を冷やしてあげましょう」とアドバイス。
  • 頭が痛い、吐き気がする、だるい、力が入らないなどの症状があったら、エアコンのきいた所に移動するのが望ましい。

続きはYomiDr.(読売新聞)のサイトで

熱中症の重症度と対処方法 – 熱中症シリーズ

暑さ指数 – 熱中症シリーズ

身体冷却法 – 熱中症シリーズ

皮膚の放熱メカニズム – 熱中症シリーズ

熱中症予防のガイドライン – 熱中症シリーズ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう