スクウェルがお薦めする「ウィルス不活化装置」V-VALIAのご紹介

この度、スクウェル事務局(株式会社インターテクスト)は、イオンクラスター技術によってウィルスを不活化、また浮遊カビ菌、ホルムアルデヒド、PM2.5の除去に有効で、空気を清潔に保つことに貢献する「ウィルス不活化装置」V-VALIAの販売を開始いたしました。

 これまでスクウェル事務局では、学校における子どものウェルネスを追求し、手洗い推奨をはじめ、感染症についての啓発情報の発信に努めてまいりました。その信頼基盤の上に、科学的なエビデンスを備えた優れた商品を、学校をはじめとしてそれらを必要とする施設にご提供したく存じます。

 新型コロナウィルスによる不安は、多くの学校、団体、企業や個人を苦しめています。スクウェル事務局ではこれらの方々の不安を少しでも取り除き、健康で安心な生活を送れるように、引き続き尽力してまいります。

 こんな方々のために



<石川県> じわもん給食 味、栄養◎ 鳴和中3年・本さん考案

<金沢市内全中学で提供>
 国が推進する「食育月間」の六月、金沢市内の小中学生が考えた加賀野菜などの「じわもん」(地場産物)を使った特別献立の給食の提供が、二日、始まった。中学生が考案した献立は、この日と三、二十日の三日間、市内の全中学校で振る舞われる。(岡本真穂)

Screenshot

中日新聞

じわもん給食 味、栄養◎ 鳴和中3年・本さん考案

 市内小学校の五、六年生と中学生を対象に、地元食材を使った給食メニューを募集したコンクールの中学校部門・夏献立で、最優秀作品に選ばれた鳴和中三年の本真奈美さんが考えた献立が並んだ。
 キスのかぼちゃみそソースかけ、金時草のそうめん汁、海藻サラダの三品には、打木赤皮甘栗かぼちゃ、加賀太きゅうり、金時草など地元の野菜が使われ、味は和風。本さんは「旬の地元の食材を使って、ご飯に合うメニューを考えたかった。ポイントは魚料理で、白身魚のシンプルな味に合う味付けにした」と話している。
給食
 本さんがいる鳴和中三年四組では、この日、野口弘教育長が訪れ、北部共同調理場(大浦町)の新居陽子栄養教諭(33)から献立の説明を受けた後、味わった。新居さんは「栄養バランスが整い、カボチャや金時草があり彩りも良い。加賀野菜を四種類も使い、旬も考えられている」と評価されたポイントを話した。
 クラスメートの宮下零士さんは「魚がうまい。カボチャのソースと合う」と話し、勢いよく魚にかぶりついていた。

Screenshot

鳴和中学校

教育目標「創造的で,豊かな人間性の育成をめざす実践教育」



Schoowell(スクウェル)に無料会員登録しませんか?

どうしてなるの?「あせも・汗あれ」
Schoowellでは、健康に関するテーマを毎回設け、テーマに関する重要事項の解説、最新情報などイラストを使用し、わかりやすく解説しています。
Schoowellの登録会員様には、A4サイズのPDFでダウンロードすることもでき掲示板への掲載や生徒へ配布等ご使用できます。

皆様のご登録をお待ちしております。
Schoowell(スクウェル)事務局 一同

この記事が気に入ったら
いいね!しよう