子どもの「かゆい!」の原因は?頭・肌・目のかゆみの症状や治療・対処法まとめ

子どもの「かゆい!」の原因は?頭・肌・目のかゆみの症状や治療・対処法まとめ
出典:Hugkum(小学館) – 子どもの「かゆい!」の原因は?頭・肌・目のかゆみの症状や治療・対処法まとめ【小児科医・専門医監修】

子どもの「かゆみ」に悩まされている保護者の方は多いのではないでしょうか? 特に乾燥する冬は、肌のかゆみなどが特に気になりますよね。大人でも我慢することがつらいかゆみですが、子どもはかゆいと我慢できずに掻いてしまうもの。かゆいからと言って掻いてしまうと、傷になってしまったり、悪化してしまうことも。子どもの「かゆみ」の原因は、虫さされ、かぶれ、じんましん、アレルギー、アトピー性皮膚炎、アタマジラミなど様々。また、目・肌・頭などかゆくなる場所も色々なうえ、なんとなく癖で掻いてしまう「掻き癖(かきぐせ)」がついてしまう子どももいます。そこで今回は、子どもの「かゆい」の原因や症状、治療法や対処法を探ってみたいと思います。

  • 子どもの掻くという行動には、さまざまな原因がある。
  • 子どもが頻繁に頭を掻き始めたら、「アタマジラミ」の感染を疑ってみましょう。髪と髪の接触でうつるので、保育園や幼稚園で集団発生することもある。
  • 子どもが頻繁に目を掻き始めたら、「結膜炎」を疑ってみましょう。目のかゆみや目の充血、めやになどの症状が出たら、すぐに眼科を受診しましょう。
  • 子どもが腕やわきの下、膝やひじの裏などを掻き始めたら、「アトピー性皮膚炎」を疑ってみましょう。鼻水やくしゃみ、じんましんなどのアレルギー反応が出たら、すぐに病院を受診。

続きはHugkum(小学館)のサイトで

アタマジラミ – 学校で予防すべき感染症シリーズ

疥癬(かいせん) – 学校で予防すべき感染症シリーズ

アトピー性皮膚炎 – アレルギーシリーズ

アレルギー性結膜炎 – アレルギーシリーズ

急性出血性結膜炎 – 学校で予防すべき感染症シリーズ

流行性角結膜炎 – 学校で予防すべき感染症シリーズ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう