<富山県>ランチマットで食育 栄養バランスとはしの持ち方描く

富山県教委はこのほど、朝食の摂取を推進する食育教材「食育ランチマット」を作成。県内の小学校1年生に配布した。配布対象は、県内公立小学校および特別支援学校203校の1年生9973人。

Screenshot

教育新聞

ランチマットで食育 栄養バランスとはしの持ち方描く

 ランチマットは両面構成。一方に「毎日しっかり朝ごはん」のキャッチフレーズとともに、理想の朝食例を描く。
▽肉・魚などの「あか」
▽野菜・果物などの「みどり」
▽白米・パンなどの「きいろ」
▽味噌汁・牛乳などの「しるもの」
の4点をバランスよく摂取するのを啓発する内容となっている。
他方は「ただしくはしをもっているかな?」として、箸の持ち方や使い方のマナーをイラストで分かりやすく解説している。
お箸の持ち方のイラスト
”A4サイズのイラスト(ログインしてください。)”

県教委は平成19年度から「毎日しっかり朝ごはん」運動を推進。児童生徒の朝食欠食率の改善を目指している。ランチマットの作成は今年度の同運動の一環。さらに、県内小・中・高・特別支援学校で、9月の1週間を「食育強化週間」とし、栄養バランスの取れた朝食摂取の実践を行うとしている。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう