スクウェルがお薦めする「ウィルス不活化装置」V-VALIAのご紹介

この度、スクウェル事務局(株式会社インターテクスト)は、イオンクラスター技術によってウィルスを不活化、また浮遊カビ菌、ホルムアルデヒド、PM2.5の除去に有効で、空気を清潔に保つことに貢献する「ウィルス不活化装置」V-VALIAの販売を開始いたしました。

 これまでスクウェル事務局では、学校における子どものウェルネスを追求し、手洗い推奨をはじめ、感染症についての啓発情報の発信に努めてまいりました。その信頼基盤の上に、科学的なエビデンスを備えた優れた商品を、学校をはじめとしてそれらを必要とする施設にご提供したく存じます。

 新型コロナウィルスによる不安は、多くの学校、団体、企業や個人を苦しめています。スクウェル事務局ではこれらの方々の不安を少しでも取り除き、健康で安心な生活を送れるように、引き続き尽力してまいります。

 こんな方々のために



<滋賀県>教諭暴言で生徒不調…2年前「問題ない」対応の教委、診断書受け「早急調査」

滋賀県立高の運動部に所属していた女子生徒が、指導する男性教諭から暴言を浴びせられるなどし、パワーハラスメントを起因とする症状を発症していたことがわかった。

Screenshot

YomiDr – 読売新聞

教諭暴言で生徒不調…2年前「問題ない」対応の教委、診断書受け「早急調査」

 女子生徒は約2年前から問題を訴えていたが、学校や県教委は「教諭の対応に問題はない」と判断。しかし、その後も心身の不調が続き、今年7月に医師が診断書を出したため、学校側が再調査に乗り出す事態になっている。
スポーツ
”A4サイズのイラスト(ログインしてください。)”

 関係者や学校などによると、女子生徒は運動部に所属していた2014年以降、男性教諭が遅刻をした罰に走り込みなどを強要したと主張。練習の度に「辞めろ。続けても意味がない」「スポーツをする資格がない」などと暴言を浴びせられたとしている。
 女子生徒は15年に退部。その後も教諭を見かけるだけで心身に不調を訴え、今年7月には医師が「パワハラにより症状が出現したため、部活を辞めざるを得なくなったと認める」とする診断書を出した。

 女子生徒の保護者は14年11月から学校や県教委に改善を求めたが、学校側は調査の結果、15年春に「部活動の指導の範囲内」「暴言についてはなかった」と結論づけていた。
 ただ、新たに診断書が出されたことで、学校は女子生徒が運動部に所属していた当時やその後の教諭の言動に問題がなかったか事実関係を再確認する。
「学校の対応に問題はない」としていた県教委も「早急に調査を進める」としている。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう